http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
水流…
2006-09-11 Mon 16:36
畦の水路や小川などで魚をみると上から観察することになります。
基本的に魚は細長く黒っぽいです。
水槽で飼育すると泳ぐ姿を横から見られるわけですが、そうなると水槽の透明度などが気になってきます。
基本的には出来る限り自然の状態を保って生存していた場所の環境に近づけようと考えています。
底砂を田砂や川砂にしたり、水草をマツモやコウキクサを中心にしています。
でもでも…濁りが酷く何がいるのか解らないというのは悲しい…。
幼少時代を思いだし飼育し始めたのは去年からの話です。
自然な循環環境に近づける為、濾過器やエアレーションもせずに定期的な水替えだけをしてきました。
世話をする意味では楽しみのひとつですね。
陽射しの調整をしたりして夏から秋にかけては水の透明度もバクテリアのバランスも取れていました。
しかし、昨年の冬(12月過ぎ)に入った頃から、余りにも急激に水質が悪化するので水替えの期間が狭くなりました。
鉢やバケツなどで飼育していればそれほど気にも留めなかったのでしょうが、それまでの定期的な汚れ方ではなく急速にガラス面に苔が発生し、水が濁りだしていました。
頻繁な水替えと戸外飼育の為の急激な水温変化もあって病気を誘発してしまいました。
ドジョウもメダカもコリドラスも次々と死なせてしまいました。
今となっては放置しておいた方が良かったかと思っています。
ひと冬を越して生き残ったのはドジョウ2匹とメダカ3匹とミナミヌマエビ1匹でした。
コリドラスは5匹いたのですが全滅させました。
環境が許さないとはいえ、室内で飼えばそんなことはなかったと後悔しています。


イーロカ 1

春先にジェックス(GEX)のイーロカ(PF-200)を譲り受けました。
小さなスポンジ濾材と活性炭を通してシャワーや水流を作る装置です。
試しに使ってみました。
エアレーションとか水流とかシャワーとか様々な使い方があり、どれも適合しているのですが、30センチ水槽には水流やエアレーションは強すぎました。
マツモや浮き草がぐるぐる回り、メダカは泳ぎ疲れ、ドジョウは砂に潜る…。
結局、水槽の長い辺を端から端までシャワー水を飛ばして使うことにしました。
水流を弱める為です…。
モーター音はそれ程うるさくも無いのですが(静かではない)水の音が始終します。
私は水音は好きなのですが、ベランダにある為、周りの環境を気にしながら使っていました。
数ヶ月使いましたが、こんな小さなフィルターで意外な効果があったことに驚きました。
あれ程、頻繁にしていた水替えがこんな小さなフィルターで要らなくなるのかと…。
放置された自然循環生態に拘りがあるわけではありません。
自然から借りてきたドジョウやメダカ達が快適に生きる環境を提供したいだけです。
当初から濾過器を導入しなかったのは水槽がベランダにしか置けず電源が取れないことが最大の理由です。
素堀の水路を見つけドジョウやメダカを掬ってくる様になって過密飼育の水槽になっているので今はテトラの濾過器を使っています。
電源は室内からサッシと網戸の隙間を出来るだけ埋めてコードを延ばしています。
虫が入ってくる…(ToT)。
冬はどうする…(ToT)。

イーロカ 2
シャワーで銅イオンの循環…プラナリアへの効果不明

現在はこのイーロカを使っていません。
ミナミヌマエビの水槽の水はPHも亜硝酸値も透明度も安定しています。
様々な要因の均衡が取れているからでしょうが、昨年と違うのは浮き草で、その浄化力に驚いた次第です。
夏の水温を少しでも緩和するため、いつでもシャワーが使えるようにエビ水槽に突っ込んでいました。
今回はプラナリアの件で水流を作ってみようと思って稼働させてみました。
必要に応じて機器は使い分けるのがよいとつくづく思っています。

関連記事



別窓 | 道具 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<アオマツムシ | 懐かしき畦の水辺 | 12時間ほど>>
この記事のコメント
no.298:
そのイーロカ私も60センチのサブとして使っています
サブというか水流用ですね
60センチだと程よい水流とエアレーションがなかなかです
ただし濾材の詰まる速さがすごいので
改造するなりしたらもう少し使いやすくなると思います
2006-09-11 Mon 22:14 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.299:
機器の選定も難しいですよね。
飼われてる魚の立場になって考え込んだりしちゃうんですが、ふと気付くとそれもまた楽しい部類になりますけどね。
長年飼育してきた野鯉などは、水替えも中和なしとかで乱暴だったり、少々の・・・というかかなりの水質悪化でも生きてたんで、今回のエビ飼育はつくづく水質というものを勉強させられました。


2006-09-11 Mon 22:43 | URL | blueboy #-[ 内容変更]
no.300:
イーロカは値段の割には使えますよね。
こんな改造してる方もいて意外に使いやすいと思います。

ttp://www15.plala.or.jp/maipe-su/siikukiki-firuta-.html

カメ飼育を検索していて見つけましたw
こういう自作物、改造物が大好きです^^
器具は好み・用途にあわせて使用するなりイジルなりするのもこの趣味の楽しみ方の一つだと思いますので
2006-09-11 Mon 22:49 | URL | 前詰まり #-[ 内容変更]
no.301:
はむたん 様
60センチクラスで程良い感じですよね。
適合は40センチ以下とか書いてあるんですけど…。
何とか水流調整ができないものかと思ってます。
思ったより効果があるので驚きました。
確かにフィルターは良く詰まりますね。
小さいもんな…。
2006-09-11 Mon 22:59 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.302:
blueboy様
特別高いものはありませんが、魚達にとって出来る限りの環境は作ってやりたいですね。
もっとも、バケツで飼育していた世代なので、経験からシビアに考えなくても魚の方が適合してくれて長生きすることも知っています。
使い分けですよね。
水は汲み置きがありますが、水道水直接でも平気だったりします。
2006-09-11 Mon 23:07 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.303:
前詰まり 様
使ったことある方が多くてなんか嬉しいです。
私もコストパフォーマンスは高いと思った次第です。
こんな小さなフィルターで効果あるのか?
値段相応かな…
などと思っていましたので、使ってみてちょっと驚きました。
情報ありがとうございます。
工夫次第で使えますね…これ!
2006-09-11 Mon 23:13 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。