http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
そして、ガサ
2008-05-05 Mon 20:37
昨日の続きです。

今日はガサもしっかりやる計画でした。
でも、もし天魚(アマゴ)が釣れてなかったら日没までキャストし続けていたかも…。
いつも、ルアーに夢中になって、ガサの時間を多く割けずにいました。
今年に入って、何度かこの川でガサをしていますが、赤棘(アカザ)や味女泥鰌(アジメドジョウ)の顔をまだ見ていません。
去年の今頃は、1時間もガサすれば、どちらもたくさん捕獲できました。
この所、ルアー釣りの後、数回ガサしていますが、1匹も見かけていないのが気掛かりでした。

昨年は、シャベルカーが入り、川底を掘り返していました。
既に取水用のコンクリート水路が何カ所か完成し、それと共に河川改修が行われていました。

赤棘や味女泥鰌を探す前にボサで沼蝦(ヌマエビ)の採集をしました。
これは難なく大漁。
沼蝦
沼蝦
繁殖させて底もの達のストックにせねばとせっせと採取しました。
画像は採取した一部です。
抱卵個体も居ました。
残念ながら、私は南沼蝦(ミナミヌマエビ)なのか、他の種類なのかを判別できる知識を持ち合わせていません。
今までの経験でこの川の沼蝦は水槽内で様々な色を変えることだけは判っています。
他の川で採取した個体は半透明のエビ色のままです。
これだけでは決め手にはなりませんが、種類が違うような気もします。
タカハヤ
高鮠(タカハヤ)
カワムツ 4
カワムツ
ボサを蹴っているとお馴染みのタカハヤとカワムツも入りますが、妙に数が少ない気がします。
気のせいかな。
川葦登
川葦登(カワヨシノボリ)他多数
ヨシノボリの仲間はたくさんいました。
代表でこの画像を載せました。

さてさて。
赤棘(アカザ)がいない。
味女泥鰌(アジメドジョウ)が入らない。
昨年はこんなことはありませんでした。
年々、個体数が減少して希少種ではありますが、この川に関しては比較的簡単に採取できていました。
杞憂が当たってしまったか…。
味女泥鰌 13
味女泥鰌(アジメドジョウ)
やっと一匹の味女泥鰌(アジメドジョウ)を採取しました。
こんなに苦労した覚えはありません。
確実に姿が見られなくなっています。
赤棘 7
赤棘(アカザ)
赤棘 8
まだ幼魚の赤棘2匹
やっとみつけた赤棘(アカザ)は、まだ幼魚でした。
2時間近くガサをして、味女泥鰌(アジメドジョウ)1匹と赤棘(アカザ)の幼魚2匹。
そんなはずは…。
河川改修の是非はともかく、残念ではありますが、激減している現状を目の当たりにしました。
画像を撮り、そっと川に戻してきました。
時期を変えて、この川でガサして見ようと思います。
今年は既に4~5回来ていますが、初めての採取がこの状況でした。
夏が近くなれば、ひょっとして違う様相を見せてくれるかも知れないという根拠のない想いを胸にこの川を後にしました。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<畔なまくん | 懐かしき畦の水辺 | 天魚>>
この記事のコメント
no.4081:
おはようございます

 環境破壊というより、環境を作り変えているという印象を持ちました。現状を知らないですから的外れな印象かもしれませんが、長い年月をかけて培われてきたであろう生態系が、一晩にして別物になってしまうと言うのは怖いですね。
2008-05-06 Tue 03:13 | URL | 守屋 #YSl6Zksg[ 内容変更]
no.4085:
守屋 様
こんばんは
ですよね?
サマータイムで日本時間から8時間引くのですよね。

確かに環境を作り変えているのですね。
そのやり方や度合いだと思います。
川の上流の生態系は微妙な均衡をとっていることが多いので激変します。
陸封されているので長い年月を掛けて、地域固有種になったものが多いです。
2008-05-06 Tue 10:58 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.4086:
一年で状況が激変してしまっているようですね
でも少し離れたどこかでアカザもアジメドジョウも元気に暮らしていることを信じています
夏くらいになってたくさん出てきてくれるといいのですけどね
2008-05-06 Tue 11:44 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.4087:
エビはヤマトヌマエビではないかと思われます。水の冷たい澄んだ所にいます。激減は残念ですね。せめて現状維持とはいかないまでもそこそこ取れたらいいのにと思います。
2008-05-06 Tue 21:10 | URL | エビ獲り名人 #-[ 内容変更]
no.4088:
はむたん 様
ちょっと悲しんでいます。
以前、お送りした赤棘も、この川の個体です。
今、家にいる猛突くんもです。
夏まで、様子を見に何度か行ってみますね。
2008-05-06 Tue 22:44 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.4089:
エビ獲り名人 様
ミナミヌマエビかどうかは判りませんが、これは沼蝦系なのではないかと…。
去年、ここの個体は水槽の中で繁殖させました。
ヤマトヌマエビだとゾエアで汽水へ流れてから、成長して遡上するので、一般的には水槽内での繁殖は難しいですよね。
私はヤマトヌマエビを捕獲したことがないので、それはそれで嬉しいのですが…。

以前、お分けしたアカザは、この川の個体です。
採取地ごとに分けて飼育していました。
う~ん、今後も要調査です。
2008-05-06 Tue 22:53 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。