http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
不思議な色合い
2008-08-01 Fri 19:12
先日、南沼蝦を十数匹採取して持ち帰りました。
たとえエビ御殿が崩壊しようとも、何処かで生き延びて子孫を殖やして欲しいと願ってやみません。
そうだ!エビの隠れ里をつくろう。
そう思いながらも、入れ物が無くて敢えなく断念しました。
今回は、蝉丸水槽と泥鰌帝国に振り分けてみました。
抱卵南沼蝦
抱卵個体
さっそく、抱卵個体です。
なかなか幸先良い出足です。
ただ、蝉丸水槽は部屋の奥にある机の上に置いてあるので陽が当たりません。
そのお陰で水温の上昇が、随分と抑えられてはいるのですが、水草が育たないのです。
ライトを常時つけっぱなしにすれば良いのでしょうが、それはしていません。
水草のないところで、稚エビがうまく育つことを願っています。

さて。
採取してきた個体の中で、かつてない色合いのエビを発見しました。
現在まで、このブログにも、赤、青、黒と南沼蝦の色個体を発見する度に撮影して記事にしてきましたが、今回の個体は、何とも不思議な色合いをしています。
白い南沼蝦
白っぽい薄緑…
甲殻に色があるのではなく、中味というか内蔵というか…。
透けて見える色は、白っぽい薄緑色をしています。
この個体が南沼蝦なのかどうかも解りません。
とにかく、この個体だけ、薄ぼんやりと蛍光色の様に浮き出ています。
なんとも不思議な色合いです。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 甲殻類 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<ウェダー新調 | 懐かしき畦の水辺 | 生存者>>
この記事のコメント
no.4618:
この色合いのエビはたまに我が家でも見かけます。
エサとして、いなくなって行くので、いつもその色なのかはわかりませんが...。
脱皮前も白っぽくなっているような気がします。
2008-08-01 Fri 19:50 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.4619:
中身だけ白っぽいですね
我が家ではあまり見かけません
落ちる直前は白っぽくなりますが全体的に白くなりますね
2008-08-01 Fri 20:24 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.4622:
ドンコ将軍 様
私はこの色合いの個体を始めてみました。
たまにいるのですね。
そうそう。
昨日、脱皮の瞬間を目撃しました。
これで2度目です。
一瞬で脱ぎ捨てるんですよね。
とても撮影できませんが…。
2008-08-02 Sat 00:22 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.4623:
はむたん 様
なんとも不思議な色合いです。
自然界にいたら、目立ちすぎてすぐに食べられてしまう様な色です。
内蔵の色なのかな…。
2008-08-02 Sat 00:32 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.4624:エビ好き
家にも色々な体色がいま・・・した。そう、等々皆食べられてしまいました!スジエビも食べられ、残るはライギョ専用水槽(?)のテナガエビだけです。みんなエビが大好き
2008-08-02 Sat 15:30 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.4627:
ryu-oumi 様
手長蝦って中々、強者ですね?
相手が餌として捉えられないのですかね?
あの長いハサミは強力な武器なんでしょうね。
エビ御殿と言っていた水槽に鈍子が避難してきた途端、彼らは消えました。
2008-08-03 Sun 20:12 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。