http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
県内ガサ
2008-11-23 Sun 21:55
ガサには、数々出掛けておりますが、何故か自県でのガサの数が少ない…。
今年も数回ほどしか、記憶にありません。
遠征するのは、気晴らしになるのと、お仲間とガサすることが楽しいからに他なりません。
仕事中に見つけた水路も、行き慣れているが故に、何故か休みの日に行く気が起きなかったりします。
でも、今日は行ってきました。
本当は、我が地域は、淡水魚の宝庫でもあるのです。
奥は深いです。
午前中のちょいガサの予定でしたが、帰宅したのは17時を過ぎていました。
特別な魚がいたわけではないのですが、独りでガサを堪能してきました。

4つの川をこまめに何カ所も移動しながら探ってみました。
まずは、私の原点から。
幼少の時も身近にいましたが、今もちゃんといてくれるのが嬉しい。
池乃くん。
目高
目高(メダカ)
泥鰌
泥鰌(ドジョウ)
鮒
鮒(フナ)
11月も後半になり、随分冷え込んでいました。
道路の電光掲示板では、16度という表示を見かけました。
水温は、もっと低いでしょうね。
ウェダーの威力発揮です。
それ以上に、通常なら、躊躇するどころか、まず入らない藪や草むらも、どんどん突き進んでいけるのが、最大の利点です。
今日も、両側から覆い繁っている草を掻き分け、水路を探索してきました。
追河
追河(オイカワ)
脂魚
脂魚(モツゴ)
田子
田子(タモロコ)
橙葦登
橙葦登(トウヨシノボリ)
お馴染みの魚達がタモ網に入ります。
橙葦登(トウヨシノボリ)の目が、何故か青く光っていました。
縞葦登(シマヨシノボリ)や川葦登(カワヨシノボリ)もいました。
田子(タモロコ)が、もう少し、小振りならお持ち帰りサイズだったのですが、この個体はお戻り願いました。
ブルーギル
ブルーギル
残念ながら、ブルーギルが網に入りました。
特定外来生物です。
飼育、栽培、保管及び運搬、輸入、野外に放つ、植える、撒く事が、罰則付きで法的に禁止されています。
但し、何故か、捕獲して、その場ですぐに放すことは規制の対象とはなっていません。
微妙な判断基準ですね。
環境省の外来生物法のサイトに書かれています。
秩父
秩父(チチブ)?沼秩父(ヌマチチブ)?
私には、秩父(チチブ)と沼秩父(ヌマチチブ)の区別がつきません。
でも、別種だそうです。
見慣れている沼秩父(ヌマチチブ)は、黒っぽい個体が多いのですが、今回の個体は体長が10センチ程の大きさで、茶系統の色合いでした。
鯰 3
鯰(ナマズ)
本日、最大の獲物です。
とうとう60センチ越えを捕獲してしまいました。
懐畔水槽サイズの2倍。
どうしよう?って、ちょっと迷っている自分が恐い。
鯰 1
60センチ超…
鯰 2
良い顔だと思う…
大きいし、重いし、力強いし…。
写真を何枚も撮って、ちと心残りながら(何故?)お戻り願いました。
タモ網をそっと水に浸けて、鯰に任せました。
自由になると、急いで川を下っていきました。
鯰も結構な速さで泳ぎますね。
この後、70センチは超えている野鯉と一戦交えました。
10分ほど、追っかけ廻して、タモに入ったけど、鯉の体が、半分以上タモ枠から出ていて、大暴れするので、持ち上げる時に逃げられました。
残念。
冷静になれば、捕ったところでどうするわけでもなく、私の本能を刺激されただけなんですが…。
蜆
蜆(シジミ)
水槽から居なくなって久しいので、目高(メダカ)を数匹と、この蜆(シジミ)をお持ち帰りしました。
他には特に無し。
ところが、いたのです。
鈍子
鈍子(ドンコ)
君は誰かな?
なんで、こんな所で掴まっちゃうのかな?
選りに選って5匹も。
選びたい放題じゃん…。
何故か、既に蝉丸水槽の中に彼がおります。
3センチ未満。

本当はもっと濃い魚達が、いっぱいいるんですよね。
それは、また次回のお楽しみです。
一日、楽しく遊ぶことが出来ました。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:12 | トラックバック:0 
<<お茶麻呂の引っ越し | 懐かしき畦の水辺 | 夕焼け>>
この記事のコメント
no.5411:
終了時間って大抵オーバーしますよね(笑)楽しいんだよなぁ。ところでナマズ大きいですね。うちのもあんなになるんだろうか?(水槽が小さいので無理ですけど。)        
聞いて下さい!ついに、赤い彗星を捕まえました!!
2008-11-23 Sun 22:32 | URL | シャア=ナマズブル #-[ 内容変更]
no.5413:
シャア=ナマズブル 様
間違いなく60センチは超えていました。
ルアー用のバッグの中にメジャーが入っているのですが、今日はガサと決めていたので、持ってなかったのが悔やまれます。
重い…。

赤い彗星は、赤い水棲?
おめでとうございます。
お仲間が増えて光栄です。
一旦、水質に慣れてしまえば比較的丈夫です。
独特の色ですが、考えてみれば派手ですよね。
専用と言うだけのことはある…(謎)
2008-11-23 Sun 23:45 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5414:とうとう
かなり濃密なガサだったとお見受けします。
私とは西端と東端ですが、同県。採集できる魚が同じなのでうれしくなってきます。
60cm級のナマズ、ワームで釣ったことがあるのですが、まるで根掛かりしたような重さだったのを思い出します。

ドンコ導入おめでとうございます。e-257
2008-11-24 Mon 02:56 | URL | iokun-oz #-[ 内容変更]
no.5415:パチンコ玉ツアー
年度末まであまり休みが無いので、この連休に(僕は連休ではありませんが・・・)何とか捕まえたい!と思い、仕事先で目を付けていたポイントを数箇所周り、ゲットしました。弾丸ならぬパチンコ玉ツアーの成果が出ました。
質問させて下さい!餌は何をあげたらいいですか?禁断の赤い虫ですか?
長文失礼しました。あまりに嬉しかったもので・・・
2008-11-24 Mon 08:46 | URL | シャア=ナマズブル #-[ 内容変更]
no.5416:
iokun-oz 様
この地域は、広大な平野もありますし、川や水路も多いですね。
独特の種も多くいます。
奥が深いです。
いろいろ教えてくださいませ。

単独ものは、控えようと誓ったばかりなのに…。
落雷による停電で落としてしまった鈍子くんも、持ち帰った半年前は3センチ未満でした。
行く先は、解っております。
2008-11-24 Mon 09:58 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5417:
シャア=ナマズブル 様
私の場合も基本は人工餌です。
個体に拠るのですが、お腹を空かせば、大抵は食べます。
値段が張りますが、ヒカリクレストのミニキャットを与えています。
ただ、食べ残しがあったりするのでお気を付け下さい。
因みに、人工餌に慣れるとランチュウの餌でも川魚の餌でも食べる様になります。
赤虫は、好物の様ですが、最初からやってしまうと人工餌を食べなくなることがあります。
私は、人工餌が中心で、たまに赤虫を遣る程度です。(ただ、他魚を混永した関係で、状況が変化してしまいました)
一番、餌付くのは、エビ類です。
餌の確保が、常時続けられるのならお勧めです。
エビをたくさん入れて置いても、あっさり消滅します。
自然界では、水棲昆虫を好んで食べているようです。
でも、赤虫よりも危険度大かも。

余計なお世話ですが…。
底を粗めの砂(殆ど砂利)にして、平たい石を重ねておけば、その下を勝手に掘ってじっとしています。
ほとんど出て来ません。
竹炭筒の中でも過ごしますが、なるべく目につかない場所に居たいようです。

「カテゴリ」→「赤棘」に、多少の情報はありますが、あくまでも私の経験なので、ご参考までに。
2008-11-24 Mon 10:11 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5418:遂に
遂に念願の大物、私の十八番50cmオーバー鯰!
いやそれよりも、あなた”も”ミニドンコを持ち帰ってしまいしたか・・・”も”?
2008-11-24 Mon 18:16 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.5419:ありがとうございました
とりあえずエビはある程度確保出来るので、それでいってみます。あとミニキャットもあげてみます。
2008-11-24 Mon 20:41 | URL | シャア=ナマズブル #-[ 内容変更]
no.5422:
ryu-oumi 様
遅ればせながら、50センチ超えを達成いたしました。
でも、まだ途中経過です。
タモで雷魚を捕獲しておりません。
目標達成に邁進中で御座います。

「も」です。
2008-11-25 Tue 01:03 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5423:
シャア=ナマズブル 様
エビが一番良いと思います。
ミニキャットは、値段が高い餌だなって思っています。
鯰用の餌でもありますので、アカザが食べなくても、無駄にはならないかと思います。
家族には、「キモ可愛い~」と言われております。
観察しているとなかなか面白い魚です。
2008-11-25 Tue 01:09 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5443:
写真が小さいのと、同定可能なところがはっきりしないので難しいのですがヌマチチブと思います。

頬に青色の斑紋がある、背鰭に2本の赤いラインがある、胸鰭基底部に黄色帯にオレンジのスジがあることを複合して同定するようです。

私もまだチチブを見ていないので、ご参考までに。
2008-11-28 Fri 00:09 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.5445:
きつね 様
ありがとうございました。
実は、元々、原画像はかなり大きいのですが、度の画像もblogの容量の関係でリサイズしています。
ご指摘頂いた点を、見てみましたが、ヌマチチブの様です。
採取した川では、今の所、大繁殖という感じではなかったです。
2008-11-28 Fri 20:46 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。