http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
県内ガサ 桜咲く
2008-12-21 Sun 23:52
川魚と亀飼育」のiokun-ozさんと県内ガサに行ってきました。
実は、方々へ行っているのに、何故か同郷の方と自県でガサするのは初めてです。
独りでコツコツやるのも好きだけど、今日はかなり濃厚なガサを楽しめました。
山桜
不断桜(フダンサクラ)
不断桜(冬桜)が咲いていました。
この桜は、春と秋から冬に掛けて咲く桜で淡くて可憐です。

カメラの修理が終わったと連絡があり、昨日、受取りに行きました。
予想通り、液晶ファインダーの可動部の不具合でした。
修理期間も短く、費用も思っていたより随分と少なく済み、無事に戻って参りました。
また、気儘に撮影できます。
さっそく、ガサに持ち出して、いつもの様に撮影してきました。

さて、今回のガサは、地元で同じ県に住んでいることもあって、場所などの打ち合わせはなくとも、お互いのこれまでの履歴や情報を元に、新規ガサをするのを目的としていました。
以前、ガサした場所を中心に、日頃、チェックしていた場所を一日掛けて廻りました。
7ヶ所。
仕事よりハードかも。
とは云っても、二人とも楽しく会話を交わしながらの、お気楽ガサです。

最初の川は、都市部を流れる中流域でした。
久し振りにiokun-oz さんにお会いして10分後のガサ。
ま、ウォーミングアップガサです。
鎌柄
鎌柄(カマツカ)18センチ
大量のカワムツがいる中で、鎌柄(カマツカ)が、タモ網に入ります。
大小10匹ほど。
画像は、その中で一番大きかった個体です。
塩焼きサイズ。
カワギスと呼ばれるほど、白身で美味しい魚です。

ブラックバス
ブラックバス
その後、山側へ車を走らせました。
水は冷たいものの、風もなく、厚着している上に、ウェダーを履いているので寒さは感じません。
冬のガサ日和です。
なんと、ブラックバス。
結構、上流域なんですが…。
放流されてしまえば同じか。
スズキ科の魚で、個人的には好きなんですけどね。
他にはお馴染みの、鮠(ハヤ)と呼ばれるカワムツや追河(オイカワ)などがいました。
何処へ行っても、大量にいることが多い魚達です。
ここは2ヶ所目です。

魚種の成果が余り芳しくないので、来た道を戻りつつ、ガサ場所は違えど、二人ともタモを入れたことのある川へ移動しました。
まずは、私が行った場所です。
川葦登
川葦登(カワヨシノボリ)
脂魚
脂魚(モツゴ)
目高
目高(メダカ)
他に鎌柄(カマツカ)、泥鰌(ドジョウ)。
まぁ、それなりですよね。
と、いいますか…。
少しばかり、贅沢なっておりまして、以前、採取したことのある魚や比較的採取することの多い魚達ばかりだと、いまいち盛り上がらなくなってしまいます。
飼育してる魚達だし…。
と、云うことで、iokun-oz さんの行かれたことのある場所へ移動しました。
決まり文句は
「そこなら、鈍子(ドンコ)がいますよ!」
う~ん、お持ち帰りするとは言ってないのだけど…。
鈍子 1
鈍子さま
果たして、私のタモ網にあっさりと大型鈍子(ドンコ)が入っちゃうわけで御座います。
10センチを遥かに超えている…。
懐畔サイズが採れなかったらどうするよ…。
なのに、それ以後は、一切、鈍子がタモに入りません。
田子
田子(タモロコ)
田子(タモロコ)、脂魚(モツゴ)と鮠(ハヤ)と呼ばれる魚達。
この田子は、かなりメタボリックでした。
抱卵個体か?
数百メートルに渡り、両岸のボサを丹念にタモで探りましたが、これ以上の魚種は入らず、そのまま川から上がりました。
菱
菱(ヒシ)
車まで戻って、上流側でタモを入れていたiokun-oz さんに鈍子を見せました。
「お、大きいドンコですね!じゃ、これは要りませんね?」
と、iokun-ozさんの容器を見ると数センチの鈍子が2匹確保されている…。
お頼みしてはいませんが、これは私に鈍子が採れなかった場合のフォローです。
お気遣いありがとう、私は自己責任で全てを処理する所存で御座います…。
鈍子 2
鈍子ちゃん
それは懐畔サイズには大き過ぎる5センチ鈍子ちゃんなのです。
でも、これを断れば、10センチを軽く超えている鈍子(ドンコ)のお持ち帰りを勧められるに決まっています。
従いまして、iokun-ozさんの採取した鈍子ちゃんのお持ち帰りを自己申告いたしました。
はい。
そう言うわけで、既に、自宅のプラケースに格納されております。
ここまでで4ヶ所。

昼時を過ぎていましたが、すっかり時間の感覚は無くなっていました。
移動途中でコンビニエンスストアに寄って、おにぎりやパンでそそくさと空腹を満たすと、直ぐに車を発進させました。
急いでるのか?
次の川は、私が以前、タモを入れたことのある川です。
縞泥鰌(シマドジョウ)くらいしか、主だった魚を見ていません。
でも、今回は、是非、iokun-oz さんにご協力願いたいと申し出た川でもあります。
独りでガサをするよりも複数人でやった方が、間違いなく多くの魚達に出逢える確率が増します。
「この川の上流側に仏泥鰌(ホトケドジョウ)がいそうなんです…」
これは、あくまでも、私の勘なのですが…。
最初は、以前、私がタモ入れをした場所を探ってみました。
でも、見事に不発。
地元の人に声を掛けられ、丁寧に受け答えしていたら時間を取られました。
ここはだめでも、いる感じがする…。
この場所を諦め、少し上流へ移動しました。
川の趣がなんか、良い感じ。

ガサを開始しして間もなく、
「あ、仏泥鰌だ!」
iokun-oz さんのタモに、仏泥鰌(ホトケドジョウ)が入りました。
おぉ、勘は的中!
それ以後、仏、ホトケ、ほとけ…。
仏祭りです。
仏泥鰌 1
仏祭り…
仏泥鰌 2
黄色掛かった仏泥鰌(ホトケドジョウ)
採取していた中で、一匹だけ気になる個体がいました。
黒っぽくって細長くて目が金色…。
流仏泥鰌
これも仏泥鰌には違いないけど…
流仏泥鰌 2
黒褐色で目が金色
この個体だけは際立って違う様に感じました。
同じ仏泥鰌(ホトケドジョウ)には違いありませんが…。
とても気になるので、お持ち帰り決定しました。
ここまでで6ヶ所です。

そろそろ日が暮れてきました。
天気予報は昼から雨だったのですが、ずっと曇り空が続いていただけでむしろ快適でした。
でも、雲が覆っているので、暗くなるのも速いです。
最後にもう一ヶ所だけ行こう!
そう決めて現地に向かいました。
が、既にちょっと暗い。
それでも川に入ってあちこちタモを入れてみました。
小魚が入るものの、それが鮠なのか目高なのか葦登なのか…。
もう暗くて確認が出来ません。
目視できる限界ぎりぎりまでガサしました。
目一杯遊んだってことで大満足です。
今日は、鎌柄祭り、仏祭り。
楽しめました。

iokun-oz さん、ありがとうございました。
まだまだ、様々な魚種と広大な川があります。
また、県内ガサをご一緒させてください。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:12 | トラックバック:0 
<<集落進まず | 懐かしき畦の水辺 | 久し振りの砂潜り>>
この記事のコメント
no.5604:
私も昨日は水路へ行ってまいりました。
といってもエビとりエサ獲りに終始しましたが。
バスは渓流?というほどの上部でも釣った事があります。
上流部でもスモールマウスバスなら定着しちゃいそうですね。
2008-12-22 Mon 11:56 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.5605:活動的
あら、寒い中楽しそうな活動をしておられますね!
私は、電気屋さんで”おもちゃ”購入&衝動買いで1日が終わってしまいました・・・
2008-12-22 Mon 17:13 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.5606:
こんな寒い時期にもちゃんと魚は入るんですね
カメラは思ったより軽症でおめでとうございます
結局画像なしの記事ってほとんどありませんでしたよね?
2008-12-22 Mon 19:01 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.5608:ありがとうございました
いろいろありがとうございました。
またお願いします。というよりお供いたします。

ドンコ、決して無理強いしていませんよ。目で訴えていたかもしれませんが・・・。
2008-12-22 Mon 21:05 | URL | iokun-oz #-[ 内容変更]
no.5610:
ドンコ将軍 様
エサ獲りお疲れ様です。
そう言えば、今回はエビを殆ど見ませんでした。
また、ドンコを持ち帰ってしまったので、確保せねばなりませぬ…。

バスは、冷たい水でも、流れが速くても平気ですね。
その逞しさが好きだったりします。
2008-12-22 Mon 21:32 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5611:
ryu-oumi 様
楽しかったです。
自県より琵琶湖の方が詳しいとか云われ始めておりました。
ryu-oumiさん、いつもありがとう。
ryu-oumiさんが、何かの機会にこちらに来られた時に備えて準備万端です。
姿、育ちは違えども、iokun-ozさんは、ryu-oumiさんの雰囲気がぷんぷん漂うおもしろいお方で御座います(謎)
2008-12-22 Mon 21:39 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5612:
はむたん 様
寒いと一ヶ所に集まる習性がある魚が多いみたいです。
ポイントにはまると大漁、見つけられないと坊主ってことも…。

カメラの件、ご心配下さってありがとうございました。
数枚は、修理に出す前に撮り貯めたのですが、思ったより早く治りました。
今後は、敢えて、画像無し記事も交えてみようかなとも思ってたりします。
2008-12-22 Mon 21:43 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5613:
iokun-oz 様
楽しかったです。
自県でのお仲間ができて、とっても嬉しいです。

テレパシーは受信できます。
送信は受け止めて貰えません…。
2008-12-22 Mon 21:45 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5617:
空気読まず申し訳ないのですが、
髭、尾鰭、斑点などの外見的に見るとホトケのように思います。
でも、見る感じ目のあたりとか別物に感じますね。どっちだろう。
2008-12-22 Mon 23:02 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.5618:
きつね 様
実は私もホトケドジョウだと思っています。
ちょっと、記事の書き方が良くないですね。
訂正しておきますね。
2008-12-22 Mon 23:44 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5621:
すごく楽しそう!いいですね。
ドンコ ゲットおめでとうございます。
カマツカいいな~、うちの近くにはいないんですよね。

実は私も愛○県出身でございます。また、ご一緒できればと思います。
2008-12-23 Tue 07:45 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.5622:
masa(お気楽忍者) 様
私の場合、魚に詳しいわけではなく、子供の時と同じ様に、単純にお魚採りが大好きなわけで、お友達と一緒なら特に楽しいです。
どっちが大きいかとか、たくさん採ったかって云うのも、楽しみに入っていたりしますし…。
車という移動手段と飼育や捕獲道具が大人買い(安物買いです)出来る点が子供の時と違いますけど。

おぉ、ご出身は同県でしたか!
iokun-ozさんやもう一人のmasaさんとも実は接点が多かったりして、ブログの威力をひしひしと感じていたりします。

カマツカいますよ、ズナガニゴイとかも…。
masa(お気楽忍者)さんの比較的近くに…。
私、採りました。
http://dojodojo.blog59.fc2.com/blog-entry-306.html
是非、私もご一緒させてくださいませ。
2008-12-23 Tue 11:00 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。