http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
稚貝の成長
2009-02-07 Sat 19:28
琵琶湖で採取した縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)と大和川蜷(ヤマトカワニナ)は元気いっぱいです。
縮緬川蜷(チリメンカワニナ)や疣川蜷(イボカワニナ)もいるはずだけど見あたりません。
知らぬ間に、よく遺殻になってますが、砂に潜ってるのかも知れません。
縦襞川蜷 1
縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)
今日は、久し振りに縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)の画像を撮ってみました。
相変わらず、あっちこっちへ移動を繰り返していますが、小さな個体だったものが、ほぼ成体の大きさにまで育ちました。
エビ御殿にいます。
ガラス越しに、緩やかにした日光が数時間当たるので苔が生えても良さそうなものですが、沼蝦や貝類のお陰でガラス面は綺麗です。
餌も特にやってません。
時々、ほんの気紛れに川魚の餌を落とします。
蝦も川蜷も寄って集って群がりますが、通常は、苔を食べてる見たいです。
縦襞川蜷 2
稚貝からの成長
この縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)は、去年、持ち帰って暫くしたら生まれた個体です。
殻の先端がまだあるのが、その証拠です。
自然界では、何故か、あの部分が、欠けたり溶けたりしちゃうんですよね。
水槽の中でも、同じ現象が起きますが、今の所、若い個体の殻は大丈夫みたいです。
思ったより、長生きしてくれて嬉しいです。
画像はありませんが、去年の11月に浜名湖近辺で持ち帰った石巻貝(イシマキガイ)も健在です。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<鰍谷 | 懐かしき畦の水辺 | あっさり>>
この記事のコメント
no.6079:
や、やばい・・・

なんだか、貝に少し惹かれているような・・・

やめてぇ~!!
2009-02-07 Sat 20:45 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
no.6084:
ゆう 様
川蜷、されど川蜷…。
タテヒダカワニナやヤマトカワニナは琵琶湖固有種です。
大型種もいるようですが、私が飼育しているのは、3センチ止まりの個体ばかりです。
綺麗な水にいるのと、殻の形状にそれぞれ特徴があって、見応えあります(←個人的感情多し)
水槽の邪魔にはなりません。
チリメンカワニナとかイボカワニナとか…。
小さい時に、よく琵琶湖で貝拾いをして遊んだのが、今に繋がっています。
で、どう?貝ガサ!
2009-02-07 Sat 23:41 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.6085:
こんばんわ。
>自然界では、何故か、あの部分が、欠けたり溶けたりしちゃうんですよね。
そう言えば、そうですよね。先端まであるカワニナってなかなかいませんね。

カワニナでも、いろんな種類を飼育できたら、それはそれで見ごたえありますよね。
2009-02-08 Sun 01:37 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.6086:
我が家のタテヒダJr達はまだちっこいんですが先が欠けてきました。
ちょっと、おませな奴らかも?
カジカ水槽に入れていたヤマトカワニナが見当たりません。
亡骸もないし...どこいっちまったのやら..。
2009-02-08 Sun 02:38 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.6087:
masa(お気楽忍者) 様
川蜷も様々な種類がいて、なかなか熱いです。
貝だけを捕りに行ったりします。
一緒に如何です?
私の個人的な想いですけど、ヤマトカワニナの大型は凄いですよ!
2009-02-09 Mon 00:18 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.6088:
ドンコ将軍 様
先が欠けてきましたか…大人ですねぇ~
あれて、どうして起こるのでしょうね?
田螺はそうでもありませんが、石巻貝なんかは多いし…。
余り深く考えないようにしよう。

ヤマトカワニナは、砂に潜ったりもしています。
そのうち出てくるのではと思います。(←根拠無し)
2009-02-09 Mon 00:22 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。