http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
正装ガサ牛
2009-01-26 Mon 19:00
すっかり忘れておりました。
正装ガサで採取した牛葦登(ウシヨシノボリ)は、4匹います。
彼らも、なかなか個性的で面白いのですが、しっかり画像に納めて紹介していないことに気付きました。
よって、今日はじっくりとカメラを構え、彼らを狙いました。
牛葦登 TYT 1
親分系牛葦登
やたら威嚇しまくる個体で、他の牛葦登(ウシヨシノボリ)を寄せ付けません。
全体的に黒い体色をして、なかなかドスが利いています。
牛葦登 TYT 2
縄張りは全面
底全面を縄張りとしています。
最初は、警戒してピンセットからの餌を受け付けませんでした。
他の牛葦登(ウシヨシノボリ)が、突っつきに行くと慌てて巣穴から出て来て追い払います。
ボス的存在なんて、そんなもんかも知れません。
私は、対抗処置として、わざと赤虫を底にばらけさせてます。
彼は、他の葦登を追い払うのに忙しくなります。
そして、自分も食べたいというジレンマに悩まされることになります。
他の牛葦登(ウシヨシノボリ)を追い払いに行くと、別の個体に食べられるし、自分が食べてると、その隙に他の個体が赤虫を咥えています。
その光景が、何故か微笑ましくて、つい、そんなことをやってしまいます。
牛葦登 TYT 3
肩書きは次長
この個体はナンバー2です。
でも、ナンバー1との差は歴然としています。
石の裏側しか、彼の居場所はありません。
時々、そこにまで親分系が現れます。
でも、もう二回りほど小さい牛葦登(ウシヨシノボリ)達は、底にさえ降りさせて貰えません。
常に側面かパーティションの網にくっついています。
よって、彼の肩書きは次長。
微妙な立ち位置ではあります。
その他個体は、先日のくっつき画像のものです。
今回は敢えて撮影しませんでした。
彼らの世界は厳しそうです。
関連記事



別窓 | .底の帝国 葦登 | コメント:8 | トラックバック:0 
<<みんな見てる… | 懐かしき畦の水辺 | あやふやのごり押し…>>
この記事のコメント
no.5955:
意外と上やガラス面に追いやられている子分達の方がしのぎの廻りがいいんですよね~。
親分も結構、苦労が耐えないようですね。
次長の横顔!
良い味してます!
2009-01-26 Mon 21:32 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.5956:ちょうど
ちょうど明日の記事にしようと思っていたのが、ハリヨの勢力争い。将軍のおっしゃるように、魚の世界も苦労が耐えませんね(飼い主たちもですが)
2009-01-26 Mon 22:07 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.5960:
ドンコ将軍 様
鋭い!
実は、最終的にその狭い空間を支配するのは次長ではないかと密かに思いながら観ております。
親分って大変だなとつくづく…。
2009-01-27 Tue 00:40 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5961:
ryu-oumi 様
おぉ~、ハリヨさまも、端正な風貌をしていて、気が荒いですからね!
記事楽しみにしています!
2009-01-27 Tue 00:42 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5962:
同種なのにカースト制度。
自然は人間より厳しいでんなぁ・・・

以前うちにもヨシノボリ王国がありましたが、
バイザイクリフさながらに飛び降り自殺が後を絶たず、
王国崩壊!!

私?
もちろん家庭内では最下階級・・・
2009-01-27 Tue 12:18 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
no.5965:
ゆう 様
それにしても、頂点の専有面積の広さと最下層の居場所の差は過酷です。
底砂にさえ降ろして貰えない…。
ヨシノボリの世界も過酷ですよね。

☆もちろん家庭内では最下階級・・・
私は、気配を消す技を覚えました(謎)

近江Fツアー電車で来たら道具お貸ししますよ…
2009-01-27 Tue 21:12 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.5973:
こんばんわ。
ウシヨシ、おとなしいということでしたが、どうやら内弁慶のようですね。
次長の顔、完全にパニクってますね。部下からは無視されるし、鬼部長からはしょっちゅうチェックが入るというところでしょうか。
2009-01-28 Wed 00:48 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.5974:
masa(お気楽忍者) 様
はい、唯一、砂の上に降りることが許されている以外は、自由がありません。
どの世界も一緒かな…。
2009-01-28 Wed 01:52 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。